主催行事詳細

第131回講習会「科学英語の書き方とプレゼンテーション」
開催日時 2016年 7月 12日(火) 10:00 ~ 16:15
共催団体 精密工学会東海支部
協賛団体 自動車技術会中部支部,計測自動制御学会中部支部,
日本塑性加工学会東海支部,日本設計工学会東海支部,愛知工研協会
会場 名古屋大学シンポジオンホール
(名古屋市千種区不老町,地下鉄名城線「名古屋大学」駅下車,徒歩5分)
(地図)http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/index.html
趣旨 情報化・国際化が進む現在,グローバルな技術競争が進展している企業環境の中では,英語によるコミュニケーションの機会が増えており,技術者にとって科学英語の表現能力向上がますます必要となっています.例年好評をいただいている講習会を今年度も開催します.
内容 10:00~11:30 科学英語と技術論文(講演英語/質疑英語) 
 ペトロス・アブラハ (名城大学)
科学技術論文・研究論文を作成する際の一般的なルール,論文の構成と各構成要素の書き方について説明するとともに,数式・記号などの読み方,投稿から掲載までのプロセス等についても紹介する.

11:30~12:40 昼休み

12:40~14:10 データから見る技術英語の語彙・語句と文法(講演質疑とも日本語)
 小山 由紀江 (名古屋工業大学)
科学技術分野の英文コーパス(英文データベース)の分析結果に基づいた重要語や特徴語句を紹介し,技術英語に必要な文法知識を解りやすく解説する.

14:10~14:30 休憩

14:30~16:15 英語によるプレゼンテーション(講演英語/質疑日本語可)
 エドワード・ヘイグ (名古屋大学)
英語での発表の初心者を対象に,国際会議でプレゼンテーションを行うためのテクニック(発表に臨む心構え,わかりやすい発表の構成方法,会議での話し方,発表に役立つ決まり文句)について,詳しく紹介する.<05/27 内容訂正>

申込締切日 2016年7月11日(月)
定員 100名
参加希望者多数の場合は申込締切日を繰り上げさせて頂く場合があります.お早めに申し込みください.
参加費 〈教材費込み〉会員7000円(学生員3000円),会員外14000円(一般学生6000円)
〈教材費なし〉会員5000円(学生員1000円),会員外12000円(一般学生4000円)

参加費は7月5日(火)までに着金するようご送金下さい.当日支払いの場合は上記の各金額に1000円が加算されます.
送金方法は,銀行振込のみで,振込先は参加券に記載いたします.
使用教材 コロナ社 「科学英語の書き方とプレゼンテーション」
備考 電子メールアドレスは,携帯電話メールアドレスでのご登録はお控え下さい.

参加決定者には後日参加券をメール添付しお送りしますので,印刷したものを当日ご持参ください.

昼食につきましては参加費に含まれておりません.昼の休憩時間を十分にとっておりますので,各自,会場周辺の食堂をご利用いただくか,弁当をご持参ください.
企画幹事 株式会社デンソー    北野 晶之
名古屋市工業研究所  八木橋 信
申込,問合わせ先 〒464-8603
名古屋市千種区不老町
名古屋大学 工学部 機械工学教室内
  日本機械学会東海支部事務局
TEL&FAX(052)789-4494
E-mail:tokaim@nuem.nagoya-u.ac.jp

    

主催行事リストへもどる