主催行事詳細

第5回講演会 「生物に学ぶ」
開催日時 2016年 11月 11日(金) 14:00 ~ 16:30
会 場 名古屋工業大学 4号館 1Fホール
 〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
 JR東海 中央本線鶴舞駅下車 名大病院口から東へ約600m
    http://www.nitech.ac.jp/access/index.html
協賛団体 電気学会東海支部,精密工学会東海支部,自動車技術会中部支部,計測自動制御学会中部支部,日本材料学会東海支部,日本設計工学会東海支部,日本塑性加工学会東海支部
趣 旨  蜘蛛の糸を模した世界で最も強靭な繊維,壁や天井を自由に歩けるヤモリの足の裏の構造を模した強力なテープなど,生物が厳しい生存競争の中で永い年月をかけて獲得した形質や特徴を模倣する技術(バイオミメティクス)は新たなイノベーションを引き起こしつつあります.今回,昆虫や無細胞生物が持つシンプルで優れた構造や行動原理から学ぶことで得られた新しい知見や応用事例について紹介いただくとともに,生物に学ぶことの意義についてご講演いただきます.
内 容 14:00~14:05 開会挨拶と講師ご紹介   日本機械学会東海支部 担当幹事

14:05~15:05 講演Ⅰ 『フナムシに学ぶ液体輸送デバイス』
 講師: 名古屋工業大学大学院 工学研究科生命・応用化学専攻
       准教授 石井 大佑 氏

 概要:フナムシの後脚には水を効率よくエラまで輸送する毛状の微小構造で
    形成された表面張力駆動のオープン流路がある.本講演では,フナム
    シの流路構造を模倣した微細表面を作製し表面濡れ性を制御すること
    で,液体輸送デバイスを構築した結果を示す.
    さらに、表面の微細構造を系統的に変化させことによる輸送能力最適
    化や,フナムシ模倣流路のもつ優れた機能についても言及する.

15:05~15:25 休憩

15:25~16:25 講演Ⅱ 『粘菌からロボットへ 
              -単細胞が教えてくれることー』

 講師: 広島大学大学院 理学研究科数理分子生命理学専攻 
       教授 小林 亮 氏

 概要:真正粘菌は多核の単細胞生物で,網状に展開した管の中を原形質を流
    動させながら移動している.この単細胞生物の行動に学ぶことで,最
    短経路探索やネットワーク設計のアルゴリズムを抽出した.また粘菌
    を究極の自律分散系と見ることで,ロボット制御への展開を行った.

16:25~16:30 閉会の挨拶   日本機械学会東海支部 担当幹事
申込締切日 2016年11月4日(金)
定 員 150 名
参加費 会員 2,500円,会員外 4,000円,学生員 1,000円,一般学生 1,500円
参加費は11月9日(水)までに銀行振込をお願いいたします.
振込先は後日参加決定者宛メール送付する参加券に記載いたします.
当日現金払いは上記参加費+1,000円となります.
備 考 参加登録の際の電子メールアドレスは,携帯電話メールアドレスでのご登録はお控え下さい.
参加決定者には後日参加券をお送りしますので,当日必ずご持参ください.
企画幹事 名古屋工業大学  糸魚川 文広
株式会社 豊田中央研究所 稲垣 瑞穂
申込,問合わせ先 〒464-8603
名古屋市千種区不老町
名古屋大学 工学部 機械工学教室内
  日本機械学会東海支部事務局
TEL&FAX(052)789-4494
E-mail:tokaim@nuem.nagoya-u.ac.jp

    

主催行事リストへもどる