主催行事詳細

第133回講習会 「四力+制御」にもう一度チャレンジし基礎力を高める講習会 A<流体力学>
開催日時 2016年 12月 8日(木) 13:30 ~ 18:45
会 場 名古屋大学 ES総合館1階 ES会議室
(名古屋市千種区不老町)
地下鉄名城線「名古屋大学」下車③出口(西地区連絡通路出口)より徒歩5分
 http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/index.html 
協賛団体 精密工学会東海支部,自動車技術会中部支部,計測自動制御学会中部支部,
日本塑性加工学会東海支部,日本設計工学会東海支部
  
趣 旨 現代の設計・開発業務においては,多様な学術領域の知識を組み合わせて駆使する必要があります.そのため,もはや機械系技術者は1つの専門領域にとらわれず機械工学全般の基礎分野を高いレベルで修め,さらにはそれらを融合させて新しいアイデアを生み出していくことが必要となっています.そのような技術者の基礎学力を高めることを目的とし,第133回講習会では,企業において第一線で活躍が期待される若手の技術者を対象とし,応用を鑑みつつわかりやすく機械工学の「四力(熱力学・流体力学・材料力学・振動工学)および制御工学 」を学ぶ講習会を開催いたします.基礎を学び直すことが応用力を高め,ひいては新しい機械を創造する人材育成につながります.人材育成のコスト削減や,設計ミスによるリコールなどの損失防止にも役立ちます.ぜひご参加ください.  
内 容 A 流体力学     長田 孝二 (名古屋大学 教授)

  13:30-15:00 流体の基礎式,ベルヌイの定理と応用
  15:15-16:15 管内流れ,境界層流れ
  16:30-17:30 流体中の物体に働く力と流れの相似則,流量と流速の計測手法
  17:45-18:45 情報交換会(受講者側から講師への質問の機会を提供)

<講師からひとこと>
市販のCFDソフトを使えば誰もが流れのシミュレーションを行うことができ,流れを「理解」できたように錯覚しがちです.また,計測器を買ってくれば流体計測が可能です.しかし,流体力学の基礎なくしてシミュレーションや計測を行うことは大変危険なことです.本講習では,流体力学の基礎と応用に関して,焦点を絞って解説します.大学で流体力学を勉強された方を対象とします.小難しい理論や複雑な式の導出を極力排除し,「あのときに学んだのはそういうことだったのか」と思い出していただけるような内容にしたいと思います.そして,今回学びなおしていただく内容が受講者の皆様のお仕事にお役に立つことを期待しております.
 
対 象 大学の機械系学部で既に四力+制御を学んだことがあるレベル
申込締切日 2016年12月07日(水)
 参加希望者多数の場合は申込締切日を繰り上げさせて頂く場合があります.
 お早めに申し込みください.
定 員 30名
参加費(教材費込み) (教材費込み)会員 10,000円, 会員外 20,000円
       学生員 5,000円, 一般学生 10,000円
参加費は11月25日(金)までに銀行振込をお願いします.当日現金払いは+1000円となります.
領収書を当日受付でお渡しいたします.
備 考 ・参加登録の際の電子メールアドレスは,携帯電話メールアドレスでのご登録はお控え下さい.
・参加決定者には後日参加券をお送りしますので,当日必ずご持参ください.
企画幹事 名古屋大学 秦 誠一
申込,問合わせ先 〒464-8603
名古屋市千種区不老町
名古屋大学 工学部 機械工学教室内
  日本機械学会東海支部事務局
TEL&FAX(052)789-4494
E-mail:tokaim@nuem.nagoya-u.ac.jp

    

主催行事リストへもどる