主催行事詳細

第159回見学会-グリーンサイクル株式会社 技術講演&工場見学-
開催日時 2017年 5月 23日(火) 13:30 ~ 16:30
会場 グリーンサイクル株式会社(愛知県名古屋市港区昭和町 13 番地)
http://www.greenc.co.jp/index.html
集合場所 グリーンサイクル株式会社
名鉄金山駅または神宮前駅より,市バス金山 19 系統 ワイルドフラワーガーデン行または潮見町南行に乗車し昭和町下車,徒歩1分
地下鉄名城線・桜通線 新瑞橋駅より,市バス新瑞 14 系統 ワイルドフラワーガーデン行または潮見町南行に乗車し昭和町下車,徒歩1分
趣旨 家電リサイクル法が運用される昨今,リサイクルを新たなモノづくりと考えるグリー ンリサイクルの工場を見学し,関連する技術講演を聴講して,地球環境への負荷の少ない持続的発展が可能な社会を構築するための基盤技術の一つである最新のリサイクル技術への理解を深めます.
内容 13:30 集合
13:30~15:00 会社説明・工場紹介および見学(リサイクルライン)
15:00~15:15 休憩
15:15~16:15 技術講演
        「使用済み家電リサイクルプラスチックの
                  マテリアルリサイクル技術」
           三菱電機株式会社 先端技術総合研究所   松尾 雄一 氏
三菱電機(株)では,『循環型社会の形成』に向けて,製品の3R 推進,資源投入量削減,ゼロエミッションに取り組んでいる.特に,使用済み家電混合リサイクルプラスチックについては,年間約15,000 トンの処理能力を有するポリプロピレン(PP),ポリスチレン(PS),アクリロニトリル-ブタジエン-スチレン共重合体(ABS)の自動選別ラインを,関係会社である(株)グリーンサイクルシステムズに導入し,新規の家電製品に適用する『家電製品から家電製品への自己循環』を実現した.今回,リサイクルプラスチックの材料開発および製品適用事例を中心に,現行のリサイクルプラスチックでは困難であった淡色系成形品や外観意匠部品への適用事例を紹介する.
16:15~16:30 質疑応答
定員 50名  申込先着順で定員になり次第,締め切らせていただきます.
参加資格 学会員,学生及び一般
参加費 会員:1,000円,会員外:2,000円,学生員:500円,一般学生:1,000円
申込締切日 2017年4月28日(金) (見学会当日の申込みは不可)
備考 ・参加券を送付いたしますので,見学会当日必ずご持参ください.
・参加費は見学会当日,現地にて承ります.
・ハイヒール・サンダル履きはご遠慮願います.
・自家用車でのご来場はご遠慮ください.
企画幹事 中部大学  水谷 秀行
申込,問合わせ先 〒464-8603
名古屋市千種区不老町
名古屋大学 工学部 機械工学教室内
  日本機械学会東海支部事務局
TEL&FAX(052)789-4494
E-mail:tokaim@nuem.nagoya-u.ac.jp

    

主催行事リストへもどる